TOP 研究室紹介 学生の活動の
様子
学生からの
メッセージ
教員からの
メッセージ
リンク

【卒業生からのメッセージ】

「教育の幅の広さ」を感じる 教育基礎分野 須田未来里

 私たちが所属している教育基礎分野学校教育学研究室では、教育フィールド研究でへき地・小規模校でしか出来ない教育を体感して、教育の幅広さに圧倒されましたが、それ以上に大きな可能性を含んでいると私は考えています。北海道にはへき地・小規模校が数多くあり、複式授業や少人数指導の知識は欠かせないものとなっています。
 釧路校では、道東という地域を活かして、へき地・小規模校教育に力を入れて取り組んでいます。私たち学生も、大学の授業で学びながら、へき地校体験実習に行ったりして、今まで知らなかった教育の世界に飛び込んでいます。教育現場ではカベにぶち当たることもありますが、教員の方々やたくさんの仲間に支えられながら毎日楽しく過ごしています。多くの仲間との出会いも大学生活の中で得た大きな財産です。皆さんも釧路校に来て新しい世界に飛び込んでみませんか?



教育現場を「体感」すること 教育基礎分野 菅原祐人

 教育基礎分野臨床教育学グループに所属している私たちは、教育フィールド研究や学生支援ボランティアなどを通して教育の現場に接しながら学習を進めています。現在教育の現場では、様々な問題や課題を乗り越える実践的な力を持った人間が求められています。1年生から教育の現場に触れることで多様な子どもの実態、学校や地域の現状を捉えることが出来、自分なりの問題意識を持つことが出来るようになります。この、問題意識を持つということが「実践的な力」をつけるうえで重要なことだと考えています。
 大学で学ぶ知識の数々は本当に大切なものです。しかし、それを実際に教壇に立った時に有効に使えるということこそ、教師の「実践力」だと私は思います。そしてそれは、現場にたくさん触れることで身についていきます。特徴的な先生方と一緒に、教育の現場を体感してみませんか?



「問い」を持ちながら学ぶ楽しさを体験 教育基礎分野 中野佳苗

 学校教育学研究室では、「問い」を持ちながら学ぶことを重視しています。一年目の「地域・学校文化体験入門」は、それを体験する科目のひとつに位置づけられています。実際に大豆を育てて収穫したり、漁網や釣り針について研究したりする中で生まれる疑問を、文献などを調べ議論し解き明かしていきます。大学での学びのおもしろさが実感できます。
 二年生からは本格的にゼミが始まります。三年生からは各先生のゼミに分属して、文献を読み討論し深めることが行われます。その積み重ねが四年の卒業論文執筆へとつながっていきます。私は、教育実習での経験から、子どもたちの声を尊重した学級経営のあり方について、論文をまとめる予定です。
 研究室活動では年に一度合宿があったり、季節ごとのイベントを行ったり交流をしています。楽しいことをするのが好きな仲間が多く、研究室全員が和気あいあいとしている研究室です。



「子ども理解」を原点として、教育を想像する 教育基礎分野 加藤美咲

 この専攻では、学校・地域・家庭の連携の大切さ、どのように連携を取っていけば未来の地域に根ざした教育は変わっていくのかを学んでいます。卒論に向けたゼミも、自分の関心のあるテーマで学生同士議論していきます。また、子どもとの関わりがとても多いことが特徴です。実際に現場に行かないとわからないことも多く、市内やへき地の学校の運動会、学芸会などにも参加し、子どもとふれあいながら、今までとは違った教師という立場から教育を考えることができます。また、私は児童養護施設での学習と遊びの支援を行っています。「なぜ、その子はそういう活動をとったのだろうか」など考えながら活動することによって、子どもを観る視野が広がり、捉える視点が変わっていきます。本当にたくさんのことが学べる研究室です。ぜひ一緒に活動しませんか。


Hokkaido University of Education, Kushiro Campus - 北海道教育大学釧路校